滋賀のはんべ工務店

滋賀のはんべ工務店

トップページ  >  コンセプト

コンセプト

私たちは次のようなコンセプトで家をお作りしています。

「本物の素材を取り入れ、家族が楽しく、日々心地よい家を」

本物の素材だけがもつ心地よさがあります。今だからある便利さ、快適さがあります。

昔の家は木材や畳、土壁等々、その多くを自然にあるものによってつくられてきました。近年はそれに立ち替わり、フローリングやクロス等の工業製品が多く出回り、安くて使い勝手の良くなった反面、シックハウス等の問題も起こってきました。

これからの家は、昔を振り返りながら、そして現代の性能の高さも取り入れながら、家族の健やかな心と身体、ひいては環境にも配慮したものであるべきではないかと考えています。
 

コンセプト
コンセプト

無垢材・珪藻土・和紙壁紙・コルクタイルなど

本物だけが持つ心地よさ、木の香りが
日々感じられる家をお作りします。
無垢材は主に国産材の杉材を使用しています。

それぞれの素材について、
詳しくは、自然素材のご紹介のページへ
 

コンセプト

壁面収納・飾り棚・掘りごたつ・ロフトなど

ご希望に応じて大工さんがお作りしますので
手作り感のあふれるオリジナル空間を作り出すことができます。

コンセプト
コンセプト

「家」というと、それぞれ独立した部屋の
集まりになっていることが多いです。

せっかく家をつくるなら、プライベートは確保しながらも、
家族なのだから少しくらい迷惑でも^^
自然に関わり合って暮らせる家である方が楽しいと思いませんか?

はんべ工務店では、家のどこにいても家族の気配が感じられる
そんな部屋同士つながりのある家族仕様の家づくりをしています。
 

コンセプト

家族が自然に立ち寄るような
『リビングを中心とした』家づくりをしています。
日当りのよいところにリビングを設け、
ウッドデッキやリビング階段、吹き抜け等で
広がりを感じられる心地よいリビングをご提案します。

 

 
「もっと具体的に知りたい!」という方は、
当工務店の家づくりの考えが詰まった
コラム「家族のための工夫いっぱいの家」
へお越しくださいませ。
  • コンセプト コンセプト
    通風・採光を考慮した設計

    夏場は家中に風が吹き通り、
    冬場は暖かいお日様が差し込む。
    季節感を感じながら暮らせる家づくり。

  • コンセプト コンセプト
    高い断熱性能

    断熱性能は高い方が、
    よい住環境を作ることができると考えます。
    冷房や暖房が必要な時も
    効率が良いため、光熱費を削減できます。

    「【フラット35】S」にも対応した
    断熱等性能等級4をクリアした
    高い断熱性能の家を建てています。

    →詳しくは、寒くない家のページへ

  • コンセプト コンセプト
    充実した収納計画

    打ち合わせでは、物があふれやすい
    キッチン・リビングを始め、
    細かく収納計画をたてていきます。
    子供のおもちゃや季節物、
    外部の物を置くスペースなど、
    あらゆるものを適材適所に必要な分を
    片付けられるようにします。

コンセプト

家の骨格にあたる構造材は人工乾燥材とし、
オール4寸柱・4寸ひのき土台を標準仕様。

床下は、当工務店では防蟻薬剤処理をしていません。
防蟻薬剤処理を行わなくてよい仕様を採用し、
ベタ基礎・ひのき土台・基礎パッキンで
床下の通風をしっかり確保。
建築の法律で認可されている仕様です。

 

[はんべ工務店の主な使用木材と産地]
○土台 : 桧4寸(愛媛・徳島・岐阜産)    
○通し柱 : 桧4寸(愛媛・徳島・岐阜産)   
○管柱 : 杉4寸(愛媛・徳島・岐阜産)    
○梁 : 米松4寸(米国)*国産材も可(杉・松)
○床 : 杉35・15mm(徳島産)*吉野杉も可 
○造作材 :(奈良産)            
コンセプト

私たちは、確実に丈夫で長持ちする家を作ります。

できるだけシンプルな形状の方が家の長持ちにつながる
というのが当社の設計の基本的な考え方です。
家が長持ちする構造を優先したご提案をさせて頂きます。

自然素材の施工実績が豊富な専任大工による
直接施工で、家の品質も安定しています。

コンセプト

地盤調査は、地盤の状態を調べて改良の必要があるかどうか見るために行ないます。この結果、補強を必要とする場合もありますが、家を建ててしまった後では多額の費用が必要となりますので、事前に調査を必ず行う方が安心です。私たちの行なう地盤調査には、不同沈下などに対する保証付き。

他にも、はんべ工務店では保険・保証に加入しています。
詳しくは、安心保証のページへ